新規導入のローラービード加工をご紹介します。
ローラーで絞りを行うことができる、画期的な加工方法です。
鉄で2.3mm SUSで1.5mm、アルミで2.5mmまで加工可能です。

①補強効果・・・強度がおよそ1.2倍になります。部品の軽量化に貢献します。
②経済的・・・板厚を下げて材料費を抑えることが出来ます。ステンレスに効果的です。
③初期投資不要・・・金型代不要でロット1個から製作できます。また、自由な形状が可能です。

重機のカバー、ステンレス製の食品製造機械、農業機械などに採用されております。


_DSC0164.jpg